旅先でダイビングのライセンスを取ることのメリット

海外旅行でダイビングライセンスを取ろう!

>

海外旅行を楽しみながらライセンスを取得しよう!

海外でライセンスを取得するメリット

海外でダイビングのライセンス取得と聞くと「言葉の問題がありそう」、「いきなり海外は怖い」などと思ってしまいますが、実は海外でダイビングのライセンスを取得するのはメリットが大きいのです。

まず最大のメリットはダイビングライセンス取得にかかる費用が安いのです。
日本でダイビングライセンスを取得しようとすると、安くても6万円以上かかりますが、物価の安いバリ島、セブ島、タイなどでは2万円程度でライセンスを取得できます。

もちろん滞在費用や飛行機代はかかりますが、ライセンスの費用の差額に数万円足せば、海外旅行を楽しみ、ダイビングライセンスの取得を一度に行う事ができます。

海外旅行の目的にダイビングのライセンス取得の取得はオススメです。

海外でライセンスを取得するときの注意点

海外旅行でダイビングのライセンス取得は、旅行が楽しいだけではなく有意義になり、オススメなのですが注意しなければならない点もあります。

まず注意する点は「日本人インストラクターがいるダイビングショップを選ぶ事」です。
観光だけならば片言の英語とスマートフォンがあれば問題ありませんが、ダイビングのライセンス取得の場合、学科学習もあれば水深5~15mで行う海洋実習もあるので、日本人のインストラクターがいるダイビングショップを選ぶことは必須条件だと言えます。

次に気を付けなければいけないのが、スケジュールの問題です。
ダイビング中もそうですが、その後も色々と気を付けるべきことがあります。
特に潜水病には注意すべきです。
理由はダイビングの際に血中に窒素が溜まり、その窒素が抜けない状態で飛行機に乗ると窒素が膨張し血管を破裂させる可能性があるからです。
このため、滞在のスケジュールには余裕を持たせる必要があります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る